一家に一台あれば便利!

一度使いはじめると手放せない

家庭用浄水器を導入している家が増えていますが、東日本大震災以降ウォーターサーバーの利用者が増えています。安全な美味しい水をいつでも必要な温度で利用出来るウォーターサーバーは、省エネ化も進んでいるので以前のモデルに比べて電気代も節約出来るようになりました。
ウォーターサーバーの最大の特徴として、冷水と熱水を両方出せることが挙げられます。冷蔵庫に大量のペットボトルが入っていると食品を入れるスペースが圧迫されてしまいます。また、浄水器では水温を変えることは出来ないので、ウォーターサーバーは必要な水温の水を簡単に利用出来て便利なわけです。熱水については、子供が操作出来ないように安全ストッパー付きのモデルが提供されており、便利に利用されています。

ボトル管理はしっかりと担当者を決めておく

ウォーターサーバーは、6リットルから20リットル程度の水タンクまたは袋をセットして使用するタイプが一般的です。上にセットするか下部にセットするかは、メーカーや機種により異なり下部にセットするタイプの方が大容量ボトルの提供をしやすくなっています。ウォーターボトルは定期配送が可能ですが、小さな子供がいる家庭では水遊びの対象とならないようにボトル管理担当者を家族内で決めておく必要があります。
ウォーターボトルの本数は、必要な分を定期的に配送してもらうことが理想ですが、ウォーターサーバーの洗浄は必ず行う必要があります。雑菌が繁殖しない構造とする必要があるものの、ミネラルが豊富に含まれているミネラルウォーターでは多少のミネラル結晶化が発生することがあります。雑菌繁殖を防ぐためにも管理体制はしっかりとしておきたいものです。

ウォーターサーバーの電気代を左右する要因は、使用頻度と温度設定です。使用頻度が激しければ、内部にある温水タンクの加熱や、冷水タンクの冷却時間が増えます。また温度設定によりそれらの時間が変わるからです。