冷たい!そして温かい!用途たくさん!

ウォーターサーバーは水だけじゃない!

「ウォーターサーバー」という名前なので、水しか出てこないのではないかと思いがちです。しかし、お湯が出てくるものもあるんです!水用とお湯用の蛇口が2つ付いています。水とお湯の両方が出ることによって、メリットはたくさんあります。
例えばウォーターサーバーをオフィスに置いているとします。季節に応じて冷たい水とお湯を使い分けるのは普通ですが、オフィスは空調が効いているので外の気温とかなり違うこともしばしば。夏にはクーラーをかけっぱなしで、ちょっと冷えますし、仕事の合間にほっと一息つきたいときには、温かい飲み物で落ち着きたいですよね。逆に冬は暖房で火照ってしまって、冷たい飲み物でリフレッシュしたいときもあります。
オフィスの温度を変更することはちょっと難しいですが、自分の飲み物の温度を変えることは冷温両用のウォーターサーバー一つで簡単です。
もちろんご自宅に設置している場合でも、家族それぞれの好みに応じて冷温使い分けが出来ますね!

飲むだけじゃない、便利な使いかた!

ウォーターサーバーの本来の目的は、飲用です。しかし、冷水とお湯の両方が出てくるウォーターサーバーは飲用だけに止まらない、幅広い活躍の場があるのです!
まずはお食事のとき。お湯が出るのですから、ちょっとしたインスタント食品に使えます。近頃は様々な種類のフリーズドライ食品が増えてきていますので、ご家庭や職場でのランチに食べている方がいらっしゃると思います。そんなとき、冷温両用のウォーターサーバーがあれば、わざわざ沸かすことなく美味しいお湯をすぐに注ぐことが出来ます。
お食事以外にも利用範囲が広がります。例えば何かをお洋服にこぼしてしまったとき、水よりお湯の方が汚れが落ちます。そんなとき冷温両用のウォーターサーバーがあれば、すぐにお湯が手に入ります。お湯だけだと、拭き取りようのタオル等に含ませたとき熱い過ぎるかもしれません。その場合は、すぐ隣にある蛇口から出る冷水とほどよく混ぜることも簡単に出来ますね。
例で挙げられなかった用途以外にも、あなた次第で冷温両用ウォーターサーバーの可能性が広がります!

宅配水の事業を展開している会社は数多くあります。その為、選べる水の種類が非常に豊富で、好みにあった水を選ぶ事が出来ます。